資料請求 賢者TV
全国優良工務店


全国優良工務店

2010年08月20日 « 新築一戸建て(茨城)なら田谷工務店トップへ » 2013年07月10日

2010年08月21日

政府の景気対策

この景気が低迷する中、住宅ローン減税・ローン金利引き下げや、
贈与税の特例拡充などの景気対策が、次々と打ち出されています。

①住宅ローン減税

住宅ローン残高の最高1%が10年間戻ってくるというもので、

最大500万円までの所得税減税を受けることができます。

 ただし、最大減税額は今年中の入居と、限定されています。

来年からは、徐々に減税額は縮小される見込みです。

②贈与税の特例拡充

従来は110万円まで非課税だった贈与税が、親から資金の贈与を受けられる人向けに、

今年はプラス1500万円まで特例が拡充されました。

来年はプラス1000万円に縮小されるようです。

③住宅ローン金利引き下げ

住宅ローンの種類に「フラット35S」というのがあります。

従来からあります、「フラット35」の金利を当初10年間引き下げる、というものです。
この引き下げ幅0.3%が1.0%に拡大されています。ただし、今年の12月30日までです。

これからの景気の上昇と金利が上がることを考えると、不景気な今こそ、

夢のマイホームが、お値打ちで建てられるチャンスです!!


2010年08月20日 « 新築一戸建て(茨城)なら田谷工務店トップへ » 2013年07月10日